青クマは寝たら消えるし、メイクでも隠しやすいです。

青クマは寝たら消えるし、メイクでも隠しやすいです。 まずは目の下にできたクマをチェックしてみてください。


・ファンデーションで隠れる
・お風呂上りには薄くなっている


こうした特徴があれば青クマです。血流が悪くなって目の周りの毛細血管がうっ血して静脈の色が透けて青っぽく見えているだけです。


年齢に関係なく、血行不良だと、青クマができてしまうので、かっさを使って目の周りをマッサージしたり、運動したり、お風呂に入って体を温めて、 顔全体の血行を良くしてあげてください。


目の下にできるクマのなかでは青クマの対策が一番簡単です。ただ、生活習慣に問題があってできてしまった青クマと比べて、 体質的に血行が悪いとか冷えがひどいという人もいて、なかなか消えない人がいるのも事実です。


漢方でいうところの瘀血(おけつ)体質(血の流れが滞っている状態)の方はそういう傾向があるので、 運動不足、タバコ、ストレス、過労といったことに気をつけて、体質改善しなければいけないケースもあります。


目元の血行を促進してくれるアイクリームは? 詳しくはコチラ

寝ても消えない青クマにおすすめの解消法

寝ても消えない青クマにおすすめの解消法

寝ても消えない青クマの場合は、積極的に血行を促進するケアを行う必要がでてきます。


1、目のツボ押し&かっさマッサージ
2、首&肩を中心に上半身のストレッチ
3、ウォーキングなどの全身運動&筋トレ(特に下半身強化!)


ホットタオルなども目の周りの血行を良くする方法ですが、目元を乾燥させてしまう可能性もあるので推奨はしません。 できれば目元を濡らさない方法(1~3)で血行を促進したいところです。


身体の内側から体温を高めて血行を良くする方法であれば、


1、ショウガ、タマネギ、ニンニク、ニラなどに含まれる硫化アリルという成分を摂取する。
2、オメガ3系脂肪酸や葉酸など血液をサラサラにする成分やヘモグロビンの材料になる鉄分を摂取する。
3、当帰芍薬散など冷えを改善する漢方を利用する。


身体を動かして、温性の食品を摂取するようにすれば、体も温まり血行もよくなっていくはずですが、 何をやってもダメな場合は、最後の手段として「※冷え症外来」にいってみるのがいいかもしれません。


※北里大学東洋医学総合研究所が有名です。


アイクリームを使う場合は血行促進成分(ビタミンE、ビタミンP誘導体(ヘスペリジン)が有名かな?)が配合されているものであれば、青クマにも効果的だと思います。


Copyright © 2014 寝ても消えない目の下のクマに効くアイクリーム<Best3>· All Rights Reserved·