目の下のクマについてよくあるQ&A;その①

Q1.朝起きたときだけクマが目立ちます。これってなんで?


おそらく、むくみの影響です。もともと黒クマがある人は目元のむくみが加わることでよりそれが目立ちます。 むくみは水分の摂りすぎや塩分の摂りすぎに気をつけて、運動するようにしましょう。


Q2.20代前半なのに黒クマらしきものがあります。


加齢による眼窩脂肪の減少やたるみ、筋肉のゆるみなどが黒クマの一番の原因ですが、生まれつきの目の周りの構造も影響しますし、 目元はダメージの影響を受けやすいのでそこだけ老化が早いということも考えられます。なので20代と若くても黒クマができる人はいます。


Q3.目の下のクマは遺伝は影響しますか?


青クマができやすい瘀血(おけつ)体質や黒クマに影響する目の周りの構造や骨格は、遺伝することがあるので、 青クマや黒クマのできやすさは遺伝が関係しているといえないことはありません。体質は改善できるので青クマはある程度克服できそうですが、顔立ちが似ているのは難しいところです。

目の下のクマについてよくあるQ&A;その②

Q4.赤クマってどんなクマのことですか?


青・茶・黒に次ぐ第4のクマの種類です。目の周囲にある眼輪筋という筋肉が眼窩脂肪の突出によって内側から押し出されて 皮膚の下に赤く透けて見えることが赤クマの原因です。皮膚を引っ張ると赤みが増すのが特徴で、黒クマと併発していることも多いです。


Q5.黒グマがコンシーラーで隠しにくいのはなぜ?


肌の変色はファンデやコンシーラーで隠せますが、黒グマは影なので隠そうとすると厚塗りになり、かえって目元が不自然になるからです。 ちなみに青クマはオレンジ系、茶クマはイエロー系の明るい色のコントロールカラーを使うと上手く隠せます。


Q6.目の下のクマがなかなか消えません。


目の下にできるクマには青・茶・黒・赤の4タイプのクマがあり、それぞれのタイプのクマにあわせたケアができていないと目の下のクマは消えません。 クマの原因はすべて寝不足だと思っている人がいますが、それは大きな間違いだということです。


寝ても消えないクマ対策に! 目の下のクマに効くアイクリーム<Best3>
Copyright © 2014 寝ても消えない目の下のクマに効くアイクリーム<Best3>· All Rights Reserved·